日本公認会計士協会 北部九州会 トップページ > 会長挨拶

会長挨拶

 

新年を迎えて

2019年1月
日本公認会計士協会 北部九州会
会長 本野 正紀

 新年、明けましておめでとうございます。

 会員、準会員の皆様には、新たなお気持ちで新年をお迎えになられたことと存じます。また、日頃より会務へのご理解、ご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。年頭に当たりまして、ご挨拶申し上げます。

 昨年を振り返りますと、会計士業界は、監査報告書の透明化、監査法人のローテーション、働き方改革など、一昨年から継続して協議しております。昨年は、公認会計士制度70周年の節目でした。6月20日の総会時に記念講演と記念パーティーを開催いたしました。会員、準会員及びご来賓の多くの方々にご臨席いただき、成功裡に終えることが できました。改めて皆様に感謝申し上げます。また、大松元北部九州会会長が旭日小綬賞を受けられました。業界として大変うれしく思います。

 宮下日本銀行福岡支店長によりますと、今年の九州経済は、昨年と同じく、輸出、生産や設備投資がリードし「緩やかに拡大する」とのことです。6月に福岡市でG20財務大臣・中央銀行総裁会議が、9月から福岡、熊本、大分で、ラグビーワールドカップが開催されます。また、10月には、古賀ゴルフクラブで日本オープンが開催されます。九州経済を牽引したインバウンドの更なる効果が期待されます。

 2018 年九州実務補習所35名の入所式で、会計士に必要なものは昨年同 様に「専門性と人間力」と話しました。年頭の実務補習所最初の所長講話でも、人間力について時間をかけて話をしました。青木大吉北部九州会初代会長が、会報の創刊号で寄稿された内容についても、感想を聞きました。

青木初代会長が1967 年の北九州会報の創刊号に寄稿された会長挨拶

(1) 公認会計士は高度の試験を受けて合格した高級専門職業であります。我々は常にこの立場を自覚し、技能 を研鑽し、品位を高潔に保ち、以て社会から尊敬される公認会計士となることに努めなければなりません。

(2) 協会会員は一致団結して常に内部的には融和親睦を維持しなければなりません。公認会計士の業務は今後外に向かって大いに発展していかなければなりません。外に向かって発展を期する時、内部にゴタゴタがあったり、不一致の行動があっては、外部から軽蔑されるのみで発展は期し難いのであります。

(3) 会員相互の面談の機会を多くすることが望まれます。親睦はお互いに相接することによって密度を増してゆきます。あらゆる会合に会員が出席して、なごやかに談笑することこそ一致団結の方策であります。会員、総会、親睦会はもちろん、委員会、研究会、講演会などには全員が万障繰り合わせて出席してくださることを望みます。

(4) すべての会合には、できるだけ多くの意見を発表していただきたいのであります。相互研究のためには相互の意思疎通が大切であります。黙っていては意思の疎通はできません。今回定期的に発行することになった北九州会報も意見発表の場として大いに活用してもらいたいと思います。意見発表には公認会計士らしく理論的、合理的であることが必要であります。意見発表をすることは単なる思いつきや、直感のみでなく、過去の経緯を尋ね、その欠点、利点を究め、具体的に改善の方策を述べるように致したいと思います。支部で各自の意見をなるべく取り上げて、委員会に諮問し、研究を尽くした後に、実行できるものは即座に実行に移し、本部に移した方が適当であるものは速やかに本部に伝達または意見具申をしたいと思います。

(5) 最後に職域拡大について私の只今考えている所を述べます。公認会計士になったからにはぜひ監査をやりたい。いわゆる全員監査の希望は、誰でも持っておられることと思います。職域拡充の根本問題は公認会計士の監査に対する社会の絶対的信頼であります。監査は企業や団体の会計をヌードにすることであります。信頼できない者に監査を依頼するわけがありません。業務拡大の第一歩は公認会計士各自の信頼度高揚であります。業務拡充そのものに努力するとともに相互の品位を高くし、社会の信頼度を高めることに努力しなければならないと思います。

 今年の抱負ですが、まずは、公認会計士の使命「監査を通じて企業の健全な発展に貢献する」を胆に銘じ、職責をしっかり果たすことです。AIの進化で10年後の世界は様変わりします。我々会計士も企業の進化に対応すべく、また、すべてのステークホルダーから信頼してもらえるよう、日々精進して参ります。さらに、働き甲斐のある環境を作って、若い優秀な人材がこの業界を目指し、仕事に誇りが持てるように、我々全員で努力しなければなりません。

 賀詞交歓会では、この3年間、最後に大喜利をしました。参加されていない方に改めてご紹介します。
一昨年:本日の賀詞交歓会と掛けまして、東京スカイツリーと解きます。その心は、司会(視界)が素晴らしい。
昨年:アベノミクスと掛けまして、パティシエと解きます。その心は、景気(ケーキ)が決め手です。
今年:コーポレートガバナンスと掛けまして、ゴルフのスイングと解きます。その心は、トップの姿勢が一番です。

 最後になりますが、本年が皆様にとってより良き1年になりますよう、皆様方のご健勝とご活躍を祈念いたしまして新年の挨拶とさせていただきます。

  • 求人情報

リンク

  • 日本公認会計士協会オフィシャルサイト
  • CPE WEB GUIDE
  • 公会計協議会
  • 暮らしの相談(専団連)